ひもの職人オススメ

ひものの美味しいお召し上がり方

1.ひものを短時間で焼きたい場合は、冷蔵庫で3〜4時間ほど置き、自然解凍します。

解凍後は、キッチンペーパーなどで、しっかりと水分を拭き取ることがポイント。グリルでは、冷凍のまま焼くことも可能です。

 

2.グリルに、皮の面を下にして置き、弱火でじっくり焼きます。大ぶりなものは、頭と尾を落としてから焼くと、焼きやすいでしょう。

 

3.両面、ほどよく焼き色が付いたら、出来上がり。火力は機材によって異なりますので、焼き加減をよく確認しながら、調理してください。

 

グリルを使わなくても、イラストのように食べやすい大きさに切り、クッキングシートなどを使って、フライパンや、オーブントースターで、焼くこともできます。

グリルの場合と同様に、皮の面を下にして焼き始め、皮に焼き色が付いて、身が白っぽくなったら裏返し、両面を焼きます。フライパンの場合、フタをすると、ふっくら焼けます。

 

ひものには骨がありますので、十分注意してお召し上がりください。

【食べやすい大きさに切る場合】